• Home
  • ブランドセントマーケティングとは
  • AirQテクノロジー
  • フレグランス
  • ブランドセントマーケティングの流れ
  • About us
香りの有効性
 
bn1.png
bn2.png

結果

実験の順序、被験者の性別に関わらず、
1)香りがある環境の方が、香りのない環境に比べ、親切な行為が多く観察された。
(男性 53.28%:23.61%=Δ29.67%、女性59.98%:14.58%=Δ45.40%)
2) 分散分析の結果、香りの有無が、気分と有意な正の相関を示した。(p<.01)
bn3.png

結論

心地よい香りは人々をサポーティブ(親切)にするとの知見がなされた。
dlbtn.png
ページトップへ